のっきーの凸凹ブログ

生きづらい系キノコがゆるゆる頑張るブログ。

PC×骨格×顔タイプの理想の組み合わせと、現実はチグハグなんだよねって話

パーソナルカラー・骨格タイプ・顔タイプ分析とその結果について、自分なりに調べて考えたことを書きます。

診断を受けた時の記事はこちらです。

nocky-lucky.com

nocky-lucky.com

診断を受けて思ったのが、「パーソナルカラー×骨格タイプ×顔タイプで、一番相性のいい組み合わせは何なのか?」ということです。それを知ることができたら、自分のイメコン結果と比較して、なりたいスタイルへの道筋を立て、近づくことができるのではないか?

ということで、本やネットで情報収集をして、理想的であろう組み合わせをまとめたものが以下の表です。

イメコンにおける優先度は「顔タイプ>骨格とパーソナルカラー」らしいので、顔タイプごとに相性が良さそうな骨格・色の組み合わせを説明します。

子供顔タイプ

キュート

・丸みがある平面顔。パーツは小さめ〜中くらい。

・キュート、ガーリーなスタイルが似合うウエーブ体型。

・明るくやさしい印象の暖色。柔らかいブルーも似合う。ライトスプリング、ライトサマー。

アクティブキュート

・丸みがある平面顔。パーツは大きめ。

・キュートが似合うウエーブ体型、もしくはカジュアルが似合うナチュラル体型。

・ポップで鮮やかな暖色。ビビッドスプリング、ブライトサマー。

フレッシュ

・曲線と直線ミックスの平面顔。パーツは小さめ。もしくは中くらいで丸みなし。

・カジュアルが似合うナチュラル体型。(曲線多めの場合ウエーブ体型)

・フレッシュなビタミンカラー、爽やかなマリンカラー。スプリング。もしくはブライトサマーやウインターの一部の澄んだ明るい青。

クールカジュアル

・直線、角がある平面顔。パーツは小さめ〜中くらい。

・ボーイッシュ、スポーティでカジュアルなスタイルが似合うナチュラル体型。

・カジュアルでかっこよさのあるアースカラー。オータム。もしくはサマーやウィンターの濃いブルー。

大人顔タイプ

フェミニン

・丸みがある標準〜立体顔。パーツは中くらい〜大きめ。

・華やかで女性らしい、柔らかさのあるスタイルが似合うウエーブ体型。

・女性を感じる、ソフトで鮮やかな濃いめの中性色(紫)〜暖色。ブライトサマー。

ソフトエレガント

・曲線と直線ミックスの標準〜立体顔。パーツは小さめ〜中くらい。

・上品で綺麗めなスタイルが似合うウエーブ体型、ストレート体型。(フレッシュ寄りならカジュアルが似合うナチュラル体型)

・繊細で優しい印象のグレイッシュカラー。ミューテッドサマー。

エレガント

・曲線と直線ミックスの立体顔。パーツは中くらい〜大きめ。

・大人っぽく華やかなスタイルが似合うストレート体型、ウェーブ体型。

・ゴージャスでリッチな雰囲気の、濃くて深い暖色。オータム。

クール

・直線、角がある標準〜立体顔。パーツは中くらい〜大きめ。

・かっこよくスタイリッシュなスタイルが似合うストレート体型、メンズっぽい骨感のあるナチュラル体型。

・メンズっぽさを感じる、濃くて深い寒色。ウインター。

今の流行りのPC×骨格×顔タイプの組み合わせは?それと比べて自分はどうなのか???

少し前に、AI美女を分析してみたという記事を書きました。生成AIが世の中のトレンドを反映しているとすれば、今の流行りは上の赤い丸で示した「キュート・ウェーブ・スプリングorサマー」の組み合わせです。

nocky-lucky.com

やや幼さを残した丸みのある白銀比の顔に、脂肪を感じる柔らかい体型、女性らしいソフトな暖色が似合うタイプです。現代の女性のファッションやメイクは、このタイプを中心に回っているものと思われます。特に、幼く少女っぽい顔は今のメイクのトレンドです。頬を短く見せる「中顔面短縮メイク」鼻下を短く見せる「人中短縮メイク」はここ3〜4年で一気に広まった気がします。

それではのっきーはどうなのか。緑の丸で示したものがイメコンの結果です。「フレッシュ・ウエーブ・ウインター」で、上下左右にタイプがバラけているのがお分かりでしょうか。

流行のタイプでないのは置いておいて、顔と体と似合う色の方向性がズレているので、なかなか調和の取れた格好がしにくい。

ではどうしたらいいのか。現時点でとっている対策はこんな感じです。

・痩せる

・筋肉をつける

・髪型をベリーショートにする

・クロップド丈、ハイウエストの服を着る

まずは「フレッシュ顔」「ウインターの色」の中間にある「クールカジュアル顔」を目指す。のっきーは眉毛と輪郭が直線なのでそれを活かし、痩せて筋肉をつけることでシャープさを際立たせ、直線多めの印象に近づける。さらにベリーショートにすることで、ウインターのメンズライクな寒色をより馴染みやすくする。

そのままだとウェーブ体型が悪目立ちするので、服はボアやパイルなど上半身のカサ増しができる素材を選び、トップスはクロップド丈、ボトムスはハイウエストのものを履く。

このような試みをしたところ、何も対策をしなかった頃より全体の調和が取れるようになりました。感覚過敏なので、綿の服がより似合いやすくなって、それもかなりプラスでした。あとはメイクで目元を切長に見せたり、シェーディングで掘りを作るといいのかもしれないですが、まだ勉強中です。

以上です。現時点でのイメコンの傾向と対策を語ってみました。まだまだ情報収集や分析が足りなくて、「これは違くない?」というのがあるかもしれない。イメコンの沼深すぎるよ。もしかしたらのっきーと同じタイプで悩んでいる人がいるかもしれないので、次はもっと具体的なファッションアイテムやコスメなどについて、「自分はこんなの着てるよ」と書けたらいいなと思います。

 

 

 

どれも知識がしっかりつく良書。イメコンの予習復習にもってこいです。